活動内容

インドネシア・東ジャワ

・エビ生産者(農民・加工労働者)とつながる ・エビ養殖地域の環境を守り育てる

1992年、ATJがインドネシア・東ジャワで粗放型・環境保全型でエビを育てている人たちと出会い、輸入を始めたエコシュリンプ。ATJとAPLAは、エコシュリンプの産地における持続可能な地域づくりをめざした取り組みを現地パートナーのATINAと協同で進めています。

インドネシア1また、エビを輸出するに当たり必要不可欠な冷凍加工のプロセスを担っている労働者たちと日本の消費者をつなぐための取り組みとして、2009年には「エビ加工労働者に関する調査」を実施し、その結果をブックレット『エビ加工労働者という生き方』としてまとめ、シンポジウムなども開催しました。

パートナー紹介

オルター・トレード・インドネシア社(ATINA)

エコシュリンプの製造・輸出を行うATINA社は、エコシュリンプの産地における社会活動をめざしています。「いのち・自然・暮らしを守る」を基本理念とし、環境・社会改善運動としての有機技術の開発・普及をめざしています。運動部門では、スラバヤを中心に、地元の高校と連携したマングローブ植林、川の清掃活動、伝統的なエビの養殖池の水質を守るためのせっけん作りやその普及運動などに取り組んできています。

KOIN(Konservasi Indonesia インドネシア保全)

ATINAスタッフとエコシュリンプの生産者の有志グループ。エビ養殖池周辺の環境保全のために活動し、マングローブ植林や川の清掃活動などを実施しています。

現在の具体的な活動

◆KOINとの協働

KOINが主体となって進めている環境保全活動について、年に1回情報共有の場を設け、必要に応じてAPLAとしてサポートすることにしています。

基本情報

  • インドネシア共和国/Republic of Indonesia
  • 面積/約1,900,000平方キロメートル(日本の約5倍)
  • 人口/2億5500万人(2015年、インドネシア政府統計)
  • 首都/ジャカルタ
  • 行政区/33州(うち5州は特別州)
  • 公用語/インドネシア語
  • 宗教/イスラーム87%、プロテスタント6%、カトリック4%、ヒンドゥー教、仏教ほか。
  • 気候/赤道直下の熱帯性気候で、乾期(5~10月ころ)と雨期(11~4月ころ)に分かれるが、地域による差も大きい。
  • 通貨/ルピア