WHAT'S NEW?

2019年2月17日~2月22日ラオスの若手農民、作物多様化に向けて奮闘中

ラオス南部ボーラヴェーン高原の若手コーヒー農民たちが、作物の多様化や循環型農業について学ぶ機会をつくろうと、タイ東北部のカオデーン農園(注)とタイのオルタナティブ農業ネットワーク(AAN)の協力を得て...

2019年2月22日【要請書】スミフルジャパンおよび住友商事に対して要請書を送付

昨年11月に株式会社スミフルジャパン(以下、スミフル)および大口株主である住友商事株式会社(以下、住友商事)に対して、NGOと有識者の連名で要請書を送付し、フィリピン・ミンダナオ島の「スミフル」ブランド...

2018年12月25日冬季休業のお知らせ

APLA事務局は、2018年12月29日(土)から2019年1月6日(日)までお休みをいただきます。 上記期間中にお送りいただいたメールやFAXにつきましては、1月7 日(月)以降に順次ご返信差上げます。どうぞご了承くだ...

フィリピン・ミンダナオ島のバナナ農園労働者への支援のお願い

「スミフル」は日本の住友商事株式会社も出資するバナナ事業者です。日本では「甘熟王」などの名称でブランド展開を行なっています。 「スミフル」がバナナの生産拠点にしているミンダナオ島コンポステラ・バ...

2018年9月ラオスのコーヒー栽培地域での作物多様化に向けて

2018年度から、ATJのコーヒー産地であるラオス・ボーラヴェーン高原における作物の多様化に向けて取組み始めました。きっかけとなったのが、2017年度に実施した3カ国若手農民交流(フィリピン、東ティモール、ラ...