WHAT'S NEW?

コロナ禍にも負けず、地域のゴミ回収活動が動き出しています

インドネシア・東ジャワ州シドアルジョ県を中心に環境活動を続けてきたKOIN(注)は、エコシュリンプの養殖池が広がる地域における河川環境の改善のために、2015年度から家庭ゴミの回収システムづくりに取り組ん...

2021年4月広がれ!村での家庭ゴミ回収システム

インドネシア・東ジャワ州シドアルジョ県を中心に環境活動を続けてきたKOIN(エコシュリンプの製造・輸出を担うオルター・トレード・インドネシア社のスタッフとエビ養殖農民が立ち上げたNGO)は、エコシュリンプ...

認知度アップを目指してKIOSKをつくろう

「KIOSK(売店)を作りたい」。 ネグロスの現地スタッフたちのこの思いを聞いてから約1か月後に、立派な売店の写真が届きました。   建設中のようす 完成後のKIOSK。お客さ...

2020年12月23日KF-RC新卒業生もがんばっています!

2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、新たな研修生の受け入れを断念したカネシゲファーム・ルーラルキャンパス(KF-RC)ですが、2019年7月に卒業をした第8期研修生の4人がそれぞれの形で学ん...

2020年11月23日地域住民主体の水源保全活動が進んでいます

世界的な問題である気候危機(Climate Crisis)の影響は、東ティモールでも年々深刻化しており、特に、雨水や山の湧水に頼って日々の暮らしや農業を営んでいる地域の人びとにとっては、いのちに直結する問題でも...